Menu
Total

古いカーナビの買取価格は何に影響するのか

0 Comment

カーナビを買取してもらう場合に、買取価格というのは何によって違いが出てくるのか、それを知っておくことは大事なことです。買取価格が何に左右されているのか知っていれば、対応次第では高値で買取を依頼することができるからです。

古ければ買取価格は低い

古い機種はどうしても買取価格が低くなってしまいます。これは仕方がないことといってもいいでしょう。カーナビの買取価格というのはカーナビの状況にとても影響を受けるのです。車とは違ってカーナビはアンティーク性などは関係ありませんし、希少価値なども関係ありません。単純に古ければ古いほどに価値が下がっていくのです。古すぎるカーナビは、買取不可となってしまう事もあるかもしれませんので、ある程度の古さで買取を早めにしてもらわないと買い取ってもらえないでしょう。

古くても高い価値を持っているものも

買取額が高くなることもあるのですが、それはカーナビがどのスペックであるかどうかです。年式が少し古かったとしてもスペックによっては高値で買取をしてくれるところもあるのです。例えばですが、オーディオ搭載のハイエンドカーナビなどは高値で買取をしてくれるといわれています。

地図が更新されているかどうか

買取価格は地図のデータ更新がされているかどうかも関係しています。自動更新されているようなタイプなら特に問題はないかもしれないのですが、手動の場合は更新していなければ価値が下がります。買取を依頼する場合には、更新をした上で買取してもらえるようにしたほうがいいでしょう。買取相場は更新されているかどうかでも、変わってきますし、更新するだけでかなり値段が上がることもあるので必ずしておきましょう。

関連する記事